NEWS

【004】箸置 枕木型 彩釉五趣/上出長右衛門窯

“夏の終わりに海辺のような箸置を”

青い海や空、浜辺に打ち寄せられた流木や、潮風に吹かれた錆びた鉄、そんな海辺の風景を連想される美しい色釉の箸置です。枕木とは鉄道の線路を支える材木のこと。枕木のように箸を置いても安定感があるシンプルな形の箸置を五客セットで販売します。

“ちょっと変わったものを作りたい”

30年から40年程前に上出長右衛門窯で作られたデッドストックの箸置です。色のついた釉薬は九谷ではあまり盛んではなく、「ちょっと変わったものを作りたい」と現在91歳の会長(上出惠悟の祖父)が知人と共に調合した釉薬が使われています。残念ながら調合表が残っていない為、二度と作ることができません。

designed by KAMIDE KENTARO

65×18×H16mm/化粧箱入
※タワシや研磨剤のご使用はお控え下さい。
※電子レンジ、食洗機使用可。

【愛用者のコメント】 は今回ございません

商品説明IGTV
https://www.instagram.com/tv/CE6kUS2nhqS/?igshid=6ve8w89gpbkb

発売期間:2020.9.9(21:00)-9.29(9:00)

◎今回は19日より「上出長右衛門窯 窯まつり」がございますので、29日まで販売期間を延長させていただきます。
https://www.kamamatsuri.com