ARCHIVE

【020】LARGE CUP/JAIME HAYON × 上出長右衛門窯

“異文化との出会いと共鳴”

今から10年前の2011年に上出長右衛門窯は、イタリア「Milano Salone」でスペイン人デザイナーであるJaime Hayon(ハイメ・アジョン)とのコラボレーションを世界に向けて発表しました。ものづくりに対する真摯な姿勢とユーモアのある感性を持つJaimeと私たちは異なる文化を持ちながらもお互いに共鳴し、丸若裕俊率いる丸若屋のプロデュースのもとでコラボレーションは進められました。上出長右衛門窯にとって初めての外部デザイナーとの協働であり、大きな挑戦でした。

“FORMA CHOEMON”

絵付、形ともに全てJaimeによってデザインされました。長右衛門窯の技術をフルに発揮させた絵付のあるシリーズ、そしてその形を楽しむ為に生まれた「FORMA CHOEMON」から今回はLARGE CUP(湯呑)を発売します。FORMAとはスペイン語で「フォルム、形状」を意味し、釉薬のかかっていないマットな質感とフチに施した細やかな金の線が特徴です。温かいお茶はもちろん、アイスコーヒーやジュースなどフリーカップとして幅広くお使い頂けます。

” Jaime Hayon(ハイメ・アジョン)とは”

Jaime Hayonは1974年スペイン・マドリード生まれ。アート、インテリア、デザインの境界線を曖昧にし、カッシーナ、フリッツハンセン、リアドロ、バカラ、スワロフスキー、カンペールなどのブランドと協働を通して多くの作品を発表しています。本プロジェクトは2009年にスタートし、3度の来日と2度の来窯を通して新たな和食器が生まれました。日本では「DESIGN TIDE 2010」、渋谷西武百貨店での「ハイメ・アジョンの世界展」で展示されました。

“今回のプロジェクトに込めたメッセージ(2010年当時)”

それは単に「伝統工芸に今の流行を取り入れる」ということではありません。「日本の文化は素晴らしい」 と語りながら、手に取るのは海外の高級ブランドばかり。一方で、街角には自らのアイデンティティを見失った"日本風の“ものが溢れているーーそんな世の中に対し、今、何をすべきだろうか。時を超え受け継がれてきた美意識に敬意を払いながら、「今、人々が本当に欲しているもの」に応えていくこと。今回のプロジェクトを通してハイメ・アジョンは、「日本人よ、もっと自分たちのものづくりに誇りを持て」と語りかけているように思います。日本各地の工芸産地が、新しいものづくりへ挑戦する気概を取り戻し、「我こそは」と再びこぞって手を挙げるーー。来たるべき日を夢見ながら、本プロジェクトはその旗印となるべく、合計数十型に及ぶ成果を、数年かけて発表していく所存です。
丸若屋店主 丸若裕俊
http://maru-waka.com/ja/

https://hayonstudio.com

9days shop 20回目を記念して、2点以上お買上げの方には、Jaime Hayon×KUTANI CHOEMONのリーフレット(26ページ)を差し上げます。

IGTV:https://www.instagram.com/tv/CNceMwfD0mb/?igshid=15mu0v3hcf4ot
φ75×H80mm/180cc/化粧箱入
※タワシや研磨剤のご使用はお控え下さい。
※電子レンジ、食洗機使用不可。